豪雨災害から1年 豪雨災害の実態解明を求めるシンポジウム

映像・報告資料を公開しています

2021年7月3日に熊本県人吉市で開催した「球磨川豪雨災害から1年― 豪雨災害の実態解明を深めるシンポジウム」について、当日資料(PDF)と映像記録(Youtube)を公開しています。

■■ 球磨川豪雨災害から1年 ―豪雨災害の実態解明を深めるシンポジウム ■■ 

【第1部 現場からの報告】
「球磨川水害を考える」
つる 詳子さん
(自然観察指導員熊本県連絡会会長、豊かな球磨川をとりもどす会事務局長)
映像記録(21分) / 【資料(準備中)】

「球磨川豪雨災害からの教訓」 
黒田 弘行さん
(清流球磨川・川辺川を未来に手渡す流域郡市民の会)
映像記録(47分) / 資料

【第2部 専門家による分析と提言】
「日本人の伝統的自然観と治水のあり方―究極の治水策は400年前にある―」
大熊 孝先生
(新潟大学名誉教授(河川工学))
映像記録(24分) / 資料

「球磨川水系河川整備計画のあり方について」
今本 博健先生
(京都大学名誉教授(河川工学))
映像記録(23分) / 資料

「球磨川大水害は住民主体の流域治水の必要性を証明した!」
嘉田 由紀子先生
(参議院議員、前滋賀県知事(環境社会学))
映像記録(36分) / 【資料

【第3部 住民と専門家によるパネルディスカッション】
映像記録(51分)

主催:球磨川豪雨災害から1年シンポジウム実行委員会

2021年8月23日公開